闇金の取り立てはこれで解決。即日ストップの鍵は弁護士。

闇金が行う取り立ての実態

昨今の闇金は顔を出さない

闇金の取り立てと聞いて多くの人が思い浮かべるのは、強行的であったり暴力的であったりするような直接的危害であるかもしれません。しかしながらここ近年の闇金の特徴としては、090金融と言う非対面形式の店舗を持たない業態です。店舗を持たないでどうやって活動するのかと言えば、090金融のやり方は電話一本での営業になります。融資から取り立てまで全て電話一つで行われているため、顧客と直接顔を合わせる事は一切ないケースがほとんどとなっています。

 

執拗な取り立て電話の実態

現代の闇金業者は090金融が一般的であるため、取り立ての方法も直接的な行動ではなく電話による遠隔対応です。全国どこからでも融資ができるうえに証拠や痕跡を残しにくく、警察の目から逃れられてしまう仕組みの一助にもなっています。

090金融が行う具体的な取り立て例として、まず外せないのが執拗な取り立て電話や嫌がらせ電話です。一日中ひっきりなしに着信を入れ続けるのはもちろんの事、融資を受けた本人のみならずその家族の電話番号にまで連絡を入れる事まであります。闇金業者は融資の際に緊急連絡先を記載させることが通常であるため、その時に手に入れた家族などの連絡先を人質として取っておくのです。

家族が高齢であっても子供であっても闇金は一切容赦しません。恐喝や恫喝によって相手を恐怖に陥れ、そのような被害が家族に及ぶのを防ぐためにも顧客に対して払わせるよう心理的圧迫をかけています。

また、緊急連絡先として提示させるのは会社の番号も含まれています。闇金は相手が企業であっても躊躇いなく取り立て電話をかけ続けるでしょう。時には業務妨害にもなる程の鬼電を入れたり、中には企業の住所宛に大量のデリバリーを贈りつけたりする事もあります。

このような行動に出られて社会的ダメージや信用の低下を招くのは本人であるため、これらもまた支払わせるための心理的圧迫に他なりません。

 

闇金の取り立てはここで解決

公的窓口で解決できない理由

闇金の取り立て電話から逃れたい時、債務者が頼れる無料窓口には公的な機関もあります。たとえば法テラスなどもその一つですが、こう言った窓口で闇金トラブルを解決させることはできないので注意が必要です。

公的窓口の役割とは相談者を闇金から救い出すような直接的対応ではなく、闇金から逃れられるための方法を示す事に留まります。闇金から借りた金は払う必要がないなど、基本的な法律の知識をアドバイスとしてもらうことは確かにできます。しかし知識が備わったからと言って個人で闇金に対抗できるはずもなく、最終的に公的窓口では近くの警察や全国対応の専門の弁護士などを紹介する事になるのです。

実際に対応できる窓口を自分で探す事ができない人には便利ですが、弁護士等の窓口に辿りつくまでのワンクッションと言ったようなイメージが妥当でしょう。緊急を要する場合には直接弁護士を探した方が得策であるとも言えます。

 

警察は警告電話までが限界

自分自身で直接警察署に駆け込んだとしても、公的窓口から警察の担当窓口を紹介された場合でも、警察に解決を依頼しても事態が収束するとは限りません。

もしも警察に助けを求めに行く場合には、警察署内にある生活安全課と言う部署でなければそもそも対応はしてもらえません。近くの交番に駆け込んだとしても助けてもらえる訳ではないので、まずはどの部署に依頼に行くのかを知っておかなければならないでしょう。

しかしたとえ専門の窓口に被害届を出しに行ったとしても、一から根気強く説明して取り立て電話をやめてほしい旨をきちんと伝えない限り、すぐに対応してもらう事は困難です。

また運よくなんらかの策を講じてもらえる場合、警察ができるのは闇金業者に対して警告電話をかける所までです。確かに警察から電話がかかってきてしまえば、その場では闇金も素直に手を引かねばならないでしょう。しかし警察で解決できない理由の最たるものは、一度警告電話をかけた後にずっと面倒を見ていてくれる訳ではない事です。闇金業者側もその事を良く分かっているため、警告電話からしばらく経つとまたすぐに取り立て電話が再開される事が通常です。

 

最も頼りになるのは専門の弁護士

闇金の取り立てを解決したいのであれば専門の弁護士に依頼する事が正解となります。法テラスでも闇金に強い弁護士を紹介されるケースが多いため、もしも警察か弁護士かで迷ったときには弁護士事務所への依頼を検討した方が解決に結びつきやすくなるでしょう。

 

警察はなぜ動かないのか

人手不足の警察

闇金対応を個人から求められても、警察は人手不足などが原因ですぐには動けない事が多いです。個人による被害の訴えはそもそも証拠が揃っていない事がほとんどであり、確かな根拠もない状態で無暗に捜査を開始する事は警察もできません。最悪の場合には冤罪を生む最初のきっかけを作り出してしまうリスクにも繋がるため、警察はそのような事態を恐れてすぐには行動できないのです。

 

警察の知識不足

闇金相談を警察にしに行くと門前払いをされるという話を聞く事がありますが、相談する警察署の地域性や、あるいは警察官個人による差が出てくるのも事実です。中には闇金トラブルの知識が浅く、借りる方が悪いと言う認識を未だに持っている警察官もいるので注意が必要です。

 

闇金の取り立てを最短即日で解決するには

即日解決を見込めるのは弁護士のみ

闇金の取り立て電話を確実にストップさせるには、闇金対応に強い弁護士に相談する事がベストです。弁護士という存在は闇金業者にとっても脅威となります。営業停止や逮捕のリスクを高められてしまう相手にもなるため、弁護士が出てきた時点で手を引こうと考える業者がほとんどなのです。

中にはすぐには引かずに時間がかかる場合もありますが、それを含めても即日で解決できる割合は全体の8割にも上ります。更には残りの2割程度も1週間程度で解決する場合が多く、弁護士に依頼する事によってほぼ確実に取り立て電話はストップさせられると考えられるでしょう。

 

弁護士に頼むときの注意点

専門の弁護士に相談したからと言って100%即日で解決できるとは限りません。ただし8割がその日のうちに解決している事から考えて、最も有力な相談窓口であることは確かです。

とは言え弁護士であればどこでも良いと言う訳ではありません。闇金対応をする時に注意しなければならないのは、闇金に特化していると言う特徴を持っているかどうかです。

万が一闇金対応に慣れていない弁護士であると、弁護士の方が闇金の言いなりになり、取り立て電話をストップするために高額な和解金の請求を受けてしまう恐れもあります。それどころか途中で投げ出されてしまうリスクもあるため、過去の闇金対応実績などを事前に確認しておく必要があるでしょう。

 

解決が難しくなるのはどんなときか

闇金の挑発は絶対にタブー

闇金に特化した弁護士に依頼しても解決が難しくなるケースも中にはあります。たとえば最初から闇金に支払いをするつもりがなく、金をだまし取るつもりで融資を受けた場合などがこれに当たります。法的に支払い義務が生じない事を逆手に取り、闇金業者を挑発してしまうような人も中にはいるのです。このような顧客からの相談の場合、弁護士事務所によっては依頼を受けないケースもあります。

また、たとえ依頼主側に挑発行為などの落ち度がなくても、闇金の中には引き際を持たない悪質な業者も存在します。通常は弁護士が出てきた時点で取り立て電話をストップする事がほとんどですが、凶悪な業者も中にはいるので注意が必要となるでしょう。

しかしながら8割程度は即日解決する事が基本となるのは変わりません。解決可能性を見極めるためにも、まずは闇金特化型の弁護士に無料相談を行う事が最適な方法となります。

 

弁護士の選び方

アフターフォローがあれば安心

闇金取り立てに関して優秀な弁護士を見極めるには、アフターフォローをしてくれるかどうかが一つの判断基準になります。

一度取り立て電話が止めばそこで終わりと言う事ではなく、万が一再発した時には追加料金など発生させずに対応してくれる事務所があります。そのような弁護士事務所は闇金対応に慣れていると考えてほぼ間違いないでしょう。

 

元本返済不要で対応可能

闇金対応に慣れている弁護士であれば、元金和解などの妥協案を提示したり呑んだりする事は基本的にありません。

たとえば1円も返さないまま弁護士事務所に対応依頼をしてしまうと、逆上した闇金が嫌がらせをエスカレートさせる場合があります。そこで職場や家族への取り立て電話を防ぐためには元本だけは返しておくなどの対応が必要になる事もありますが、このようなケースを除いて弁護士が自らすすんで元金和解を求める事はしないはずです。

適正な法律を使用して闇金に立ち向かう事ができる事も闇金に慣れている証拠となるため、元金の支払いも不要と言うスタンスを貫いている弁護士を探すと良いでしょう。

闇金に強い法律家です!今すぐ無料相談出来ます!

Duelパートナー法律事務所
⇒今すぐ闇金の専門家に無料相談!

アストレックス司法書士事務所
⇒専門の司法書士に相談!