闇金から借りて逃げることは出来る?借りパクの危険性について

闇金からの借り逃げ(借りパク)は危険

法律を盾にして闇金から借りパクするケース

闇金から借りた金は返さなくて良いと言う事が法的に認められています。闇金を取り締まるための法律が強化されていったことに加え、平成20年に下された返済不要の判決によって闇金に対する抵抗の術はその範囲が広がりました。

そのため闇金から金を借りてしまった人や、現に被害を受けている人などの間では、返済する必要がないと言う知識が広まっている事も多いです。知識があることによって自分が被害者であることを認識し、弁護士などの専門家に相談するハードルを下げている場合もあるでしょう。

ところが中にはこう言った知識を悪用し、闇金業者を騙して金を奪い取る事を思いつく人もいます。その方法としては闇金業者から融資を受けるところから始まっています。闇金を騙すつもりでいる人はこの時点で返そうとは思っていません。弁護士に相談して間に入ってもらう前提で金を借りる事により、元金分の利益をせしめようと言う魂胆を持っています。

借りパク行為は解決を困難にさせる

返さないつもりで闇金から金を借りても法的に罪に問われる事はありません。しかしながらこのような場合、弁護士を介入させたとしても被害がすぐに収束する可能性を低くさせてしまいます。

基本的に闇金業者との間に弁護士を入れたとすれば、早ければ即日、遅くとも数日で取り立て電話はストップします。ところが融資を受ける時点で金銭を騙し取るつもりだった顧客の場合、それを闇金が知れば詐欺の疑惑を持たせて逆上させる事態となるでしょう。

本来であればスムーズに解決するはずの闇金トラブルが、本人の悪意によって妨げられてしまうのです。また、元々闇金を騙すつもりだった顧客からの依頼は受けないとしている法律事務所もあるため、借りパクを前提とした闇金からの借金は非常に大きなリスクを伴います。

闇金が保険をかける事によるリスク

緊急連絡先は闇金の人質になる

闇金業者から融資を受けようとするときには緊急連絡先の提示を求められます。顧客の家族や会社の電話番号などがこれに当たりますが、緊急連絡先は闇金業者にとって万が一の時の人質のようなものです。

こういった保険をかける事により、闇金業者は貸し倒れのリスクを防いでいます。金を返さない本人に代わって家族や会社に返済を求める事ができてしまうのです。もしも本人が借りパクを前提としていたとすれば闇金側も逆上している状態となるため、更に深刻な被害拡大の恐れも出てくるでしょう。

個人写真や裸の画像を遅らせる

2018年の闇金業者は緊急連絡先の登録だけにとどまらず、顧客の顔写真や裸の写真を送らせる手口も出てきています。顧客層が男性のみではなく女性にも広がっている事がこの背景の一つともなっていますが、送らせた画像は緊急連絡先と同様に闇金にとっての担保となります。金を返そうとしない顧客に写真を突き付けて脅し、ネットなどに流出させられたくなければ金を返せと迫ってくるケースも実際に報告されています。

信用の失墜や個人情報の流出

闇金業者に緊急連絡先を渡す事で生じるリスクは、第三者に取り立て電話を波及させる事で家族や会社からの信用を損ねてしまう所にあります。

家族に内緒で闇金からの借金をしている人は多く、それをバラされてしまう事は本人にとっての痛手となるでしょう。会社に闇金との繋がりを知られる事がリスクになるのは言うまでもなく、社会的な損失を被るのは目に見えています。

社内での立場が悪くなったり昇進が厳しくなったりするだけにとどまらず、コンプライアンスに厳しい会社の場合には解雇のリスクまで付きまといます。

また、個人の写真が闇金の手に渡っている事によってネット流出の危険性は常に高まってしまうでしょう。脅迫材料として利用されるだけではなく、実際に嫌がらせの道具とされてしまうケースもあるのです。

いずれのパターンにしても社会的に被る損失は大きく、闇金業者に対して渡している情報が多ければ多い程このようなリスクを高めてしまいます。

個人口座を凍結される

闇金から借りパクを目的として軽い気持ちで借金をする人がいますが、闇金との金銭的なやり取りがあるだけで自分自身が逮捕される危険性があることを理解しておかなければなりません。

最近の闇金は自分たちの口座を所有せずに、借りる側の顧客と返す側の顧客の口座間同士で金銭の振込や収受を行わせる場合があります。ある顧客の返済金額が別の顧客の口座へ振り込まれたと言う実態が出来上がってしまうため、外観上は金を借りた顧客が闇金被害金を受け取ったように見えてしまうのです。

この口座のやり取りによって闇金の仲間であると疑われるケースが出てきています。予期せず自分が逮捕されると言うリスクもあるので、闇金との繋がりを持つ事自体が危険極まりない行為となっています。

闇金と知らずに借りた場合の対処法

外観がクリーンな闇金業者のホームページ

闇金業者が作っている勧誘のホームページは、見た目だけなら一般的な消費者金融と変わらない場合がほとんどです。そのため闇金と知らずに借りてしまう人も続発しています。

このような場合に取り立て電話や支払いから逃れるためには、専門の弁護士に依頼することで迅速な解決が見込めます。8割程度は即日解決する可能性が高く、全国対応をしている弁護士であれば電話相談一本からスタートさせてスムーズな解決に導けるでしょう。

反対に無料相談受付のない地域限定の弁護士である場合、実際に面談するための予約が必要になるなど時間を要する事が多いです。全国対応の弁護士に比べて迅速性に欠けてしまいます。

闇金対応に求められるのは迅速な対応と即日解決の両面であるため、被害が拡大したり取り返しのつかない事態になったりする前に全国対応の弁護士へ相談すると良いでしょう。

 

闇金に強い法律家です!今すぐ無料相談出来ます!

Duelパートナー法律事務所
⇒今すぐ闇金の専門家に無料相談!

アストレックス司法書士事務所
⇒専門の司法書士に相談!