闇金を完済する方法はある?闇金による完済ブロック対策

闇金からの借金は完済できない

顧客は闇金の金づるにされる

闇金業者にとって顧客というのは都合の良い金づるでしかありません。融資をするまでは甘い言葉で誘いをかけてあたかも味方であるような顔をしていますが、いざ支払いが滞り取り立てが始まると精神的に追い込むようなあらゆる嫌がらせをしてきます。

この時言われるがまま支払いを行う顧客は、闇金業者にとって特に手放したくない相手となります。通常では考えられないような高金利であっても、少し脅せば簡単に払うと足元を見られてしまうのです。

このような顧客がもしも完済をしてしまえば、闇金業者側からしてみれば金を払う顧客を逃がす事になってしまいます。そもそも闇金の借金は次々に利息がかさんでいくため支払いきれる見込みが薄いです。しかし中にはこつこつと返済を続けて完済が間近に迫る顧客も存在し、そのような状況になった時に闇金は支払いを妨害するための様々な手口を実行してきます。

完済が迫った顧客には支払いをさせない

利息も元金も含めて全ての支払いが完了する所まで迫った顧客に対して、闇金業者は完済を妨害するため支払いをさせないようになります。

闇金への返済をする時には、今から振り込めと言う指示を闇金が出したり、これから振り込む旨の連絡を顧客にさせたりする業者が多いです。しかし完済が迫ってくるとこのような指示の連絡が入って来なくなり、顧客から連絡をしても着信に応じません。顧客の側からしてみれば返済日が迫っているのに闇金と連絡が取れなくなってしまい、このままでは支払いができないと言う焦りが芽生えます。

そこで闇金の指示を待たずに振込だけ行う顧客もいますが、闇金はほぼ間違いなくこの振り込みを無効であると主張します。振込連絡をしていない状態で振り込んだ金は無効であるからもう一度支払えなどと、どう考えても理不尽でしかない要求をしてくるのです。

完済後も再び金銭の要求が始まる

支払いを妨害する行為が入るためなかなか完済に行き届かない闇金の借金ですが、それでもなんとか支払いを完了させられる人もいます。ところが金を借りていた相手は一般的な消費者金融ではありません。違法行為を堂々と行ってしまうような組織であるため、たとえ完済したからと言って気を緩めるのは危険です。

完済した顧客に対して、闇金業者は遅延料などの名目を付けて更なる借金を言い渡す事があります。たとえば最後の返済を妨害されていたため支払日に振り込みができなかったなど、顧客には全く落ち度がなかったとしても延滞させた分の料金を払うよう命じてくるのです。

あと一回延滞料金を払えば解放してもらえると思い、ここで言われるがまま振り込みをしてしまうのは最も良くない行動です。そこからあらゆる言いがかりを付けては金の要求が始まってしまいます。

金を払う顧客であればある程、闇金業者にとっての手放したくない相手となります。元から手放すつもりがないため、遅延料などは当然ながらどれもいちゃもんにすぎません。闇金業者の言いなりになってしまうと、いつまでも返済の請求が止まらなくなってしまうのです。

違法金利が完済を妨げている

闇金による暴利の実態

利息制限法の範囲内で法律に基づいた貸金業を行う場合、その金利は貸付額に応じて15%から20%までと定められています。そのため一般の消費者金融ではこの金利を超えて融資を行う事はありませんが、闇金業者がこの法律をきちんと守るはずはありません。

闇金業者が設定する金利で良く耳にする言葉と言えば、トイチやトサン、トゴなどの利率でしょう。トイチであれば10日で1割、トサンであれば10日で3割、トゴであれば10日で5割など、一目であり得ない金利設定であることが分かるはずです。

仮に10日で1割の金利で10万円を借り続けた場合、10日後には1割の利息が上乗せされるため11万円になっています。20日目には12万円、30日目には13万円と増え続け、返済しないままこれを1年間続けた時の年間利率は365%に及ぶ事となります。

ただしこれは単利の場合の計算方法ですが、実際の闇金では複利での計算が行われることが通常です。10日目に1万円の利息が付いて11万円になる所までは単利の場合と同じですが、20日目からは11万円に対して1割の利子がつくため12.1万円の返済額に増えています。これを1年間続けて言った場合の年利は3000%を超えてくるため、とても返しきれないような金額にまで膨れ上がるのです。

週倍などのあり得ない利息が横行している

トイチやトサンでもすでにあり得ない金利設定となっている闇金ですが、最近ではこれに加えて週倍という利息が付けられる事も増えてきました。

週倍とは1週間で10割、つまり1週間で元本が2倍になっている金利システムです。もしも10万円を借りたとするのであれば、1週間後につけられる利息は10割分の10万円となります。借りた額の2倍である20万円の借金へと膨れ上がってしまってしまうのです。

これでは利息を返しきるだけでも精一杯になってしまいますが、闇金の狙いは実際のところそこにあります。初めから利息をかさませていつまでも支払い続けさせることを目的としているのです。気付いた時にはとっくに元金以上の利息を支払っていたような場合がほとんどであり、週倍の場合は1週間後にはすでに元金と同額の利息を要求される事になってしまいます。

完済以外で闇金から逃れる方法

専門家に相談して手を打つ

トイチにしても週倍にしても普通に返済を繰り返していて完済できるようなものではなく、仮に完済できそうになったとしても闇金業者が返済のブロックを行うため終わりが見える事はほぼありません。素人が闇金から逃れる手段を自分で見つける事は不可能です。

そのため闇金業者から離れるためには、闇金対応に慣れている専門の弁護士に相談する事が重要です。違法な利息はもちろんの事、腕の良い弁護士であれば元金も支払わないという前提で取り立てストップの交渉をしてくれます。相談のタイミングが遅くなると被害拡大の恐れもあるため、早めに手を打つようにした方が良いでしょう。

闇金に強い法律家です!今すぐ無料相談出来ます!

Duelパートナー法律事務所
⇒今すぐ闇金の専門家に無料相談!

アストレックス司法書士事務所
⇒専門の司法書士に相談!