ヤミ金を利用したら最後!!ヤミ金による被害の実態とは?

ブラックOK、柔軟審査、審査なし、お断りしませんと言った文面で、銀行や消費者金融から借り入れができない人を誘うのがヤミ金です。貸金業法や銀行法などを守って貸付をしている金融機関や貸金業者であれば、絶対にこのような宣伝はしません。甘い言葉で誘い、お金を借りさせることが目的のヤミ金は一度利用してしまうと様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。

 

ヤミ金の取り立て被害の実態とは?

 

ヤミ金=しつこい取り立てというイメージは多くの人が持っています。なんとなく映画やドラマなどで見たことがある取り立ての風景をイメージしますが、実際にヤミ金の取り立てに遭ったことがない人にとってなんとなく漠然としたものでもあります。

一日中しつこく催促の電話が鳴り続ける

 

ヤミ金による被害の中でも一番多いのが電話による被害です。ヤミ金の取り立てと言えば玄関先に来てドアを叩いたり、大声を出したり、時には暴力を受けたりというイメージがありますが、近年では警察の取り締まりが強化されていることで電話を使ったものがほとんどです。電話なら出なければいいのではと思う人もいるでしょう。ですがヤミ金は昼夜問わず、何度も何度も電話をかけてきます。度重なる電話攻撃によって精神的に追い込まれる人も珍しくありません。

身内や勤務先へ電話をかけてくる

 

正規のキャッシングでは基本的に本人以外に貸付を行っていることを教えることはありません。ですがヤミ金にはそんなこと関係はありません。ヤミ金を利用する人の多くは多重債務やブラックと言われる人たちで貸付を行う時から本人の返済能力に期待はしておらず、貸付を行う際には必ず親や兄弟、勤務先などの電話番号を申告させます。この電話番号に平気で電話をかけて来るのがヤミ金です。借金を利用していることが周囲にバレるだけではなく、本人以外の身内にも返済を迫ってきます。また勤務先にもしつこく電話をかけてくるので職場に居づらくなったり、仕事に差し支えてしまうことになります。

電話以外にも様々な被害に遭う利用者

 

電話攻撃の他にもヤミ金による被害が確認されています。

個人情報の流出

 

ヤミ金を一度でも利用してしまうと、利用者の情報は他のヤミ金に回ってしまいます。多重債務者のリストをヤミ金同士で売買していることで個人情報の流出は避けることができず、情報が他のヤミ金に流れてしまうといくつものヤミ金から勧誘の電話がかかってくるようになります。甘い誘いに乗ってさらに借り入れをしてしまうと借金は雪だるま式に膨れ上がり、どこにいくら返せばいいのかわからない状態に陥ってしまいます。

 

多重債務者のリストには実際に借り入れを行っていなくても申し込みをしただけでも追加されてしまうので軽い気持ちで申し込んではいけません。

電話攻撃は本人や身内だけに留まらない

 

ヤミ金は取り立てのためだけに電話番号を使用するわけではありません。ヤミ金による被害の中には、注文していないのに自宅に大量のピザや寿司が届いたり、依頼していないのにタクシーや運転代行、出張型の風俗の女性などが来たりします。

もちろん注文していない出前や依頼していないタクシーや風俗などは受け取り拒否やキャンセルをすることができますが、昼夜問わず、一人暮らしや家族との同居なども関係なく何度もこのような嫌がらせを受けることで精神的に疲弊してしまいます。

望んでいない貸付をされる押し貸し

 

自分の口座に見に覚えのない振込があった時、それは押し貸しかもしれません。押し貸しはヤミ金が利用者の銀行口座に勝手に少額を振込、貸付が成立しているとイチャモンをつけて法外な利息を要求してくる手口です。ヤミ金を利用することで利用者の口座情報も他のヤミ金に回ってしまうと押し貸しの被害に遭う可能性も高くなりますし、利息で儲けているヤミ金は何かと理由をつけて利用者が望んでいなくても押し貸しで貸付をしてきます。

ヤミ金に犯罪行為をさせられるケース

 

ヤミ金からお金を借りただけなのに自分が犯罪者になってしまうケースもあります。軽犯罪巻き込み型と言われ、お金を貸し付ける条件として犯罪行為をそそのかすヤミ金も非常に多いです。

携帯電話の契約を要求してくる

 

ヤミ金に申し込みをすると審査のために携帯ショップへ行ってスマホを数台契約するように指示されることがあります。このスマホのSIMカードを抜いてヤミ金に郵送すると貸付を行うという条件を提示してくるのですが、一般的にスマホを送ってもヤミ金から融資が実行されることはありません。

 

融資が行なわれないだけではなくスマホの機種代金の支払いが残ってしまいます。貸付をチラつかせてスマホの端末をだまし取る白ロム詐欺という手口であり、詐欺被害に遭うだけではなく携帯ショップで自分が使用すると偽って契約を行っている以上携帯電話会社への詐欺が成立してしまい、スマホ端末の譲渡をしたことで逮捕されてしまう可能性があります。

口座の譲渡を要求してくる

 

ヤミ金が要求してくるのはスマホの端末だけではありません。利用者の銀行口座もヤミ金のターゲットとなります。口座は複数持っているから1つぐらいいいだろうと軽い気持ちでヤミ金に口座を渡してしまう人がいます。貸付の条件として、返済一回分の代わりになどヤミ金も様々な理由をつけて口座を要求してくるのですが、絶対に応じてはいけません。

 

口座の譲渡は犯罪による収益の移転防止に関する法律によって禁止されています。ヤミ金だけではなく様々な犯罪に利用されることを想定して口座を譲渡した本人も逮捕されてしまう可能性があります。逮捕には至らなくても、警察と金融機関が連携することで口座が凍結され、口座の譲渡が原因で口座が凍結されてしまうと、どこの金融機関に行っても新しい口座は作ることができなくなり、一生口座を持てない生活を送ることになります。

 

ヤミ金を利用したことで様々な被害に遭っている人が実際に存在します。警察に相談してもなかなか嫌がらせはなくならない、また警察に相談したら自分も犯罪者になってしまったというケースもあり、このようなトラブルに巻き込まれないためにヤミ金と関わるのは絶対にやめましょう。

ヤミ金は完済したくても完済させてくれない!その手口とは?

貸金業者としての登録を行なわず、違法な金利や悪質な取り立てで債権者を追い詰めるのがヤミ金です。そんなヤミ金を利用している人の中には完済したいのになかなか完済させてもらえない、完済をしても嫌がらせを受けているという人がいます。

円満に完済できるヤミ金はないと言ってもいい

 

ヤミ金の多くは少額融資を行っている業者がほとんどです。数万円程度しか借り入れをしていないのに法外な利息を取られたり、返済のサイクルが早いことから、まとまったお金が入った時に完済を考える人もいます。元金さえ返してしまえばヤミ金とは縁が切れてしまうので安心して生活することができます。ですがヤミ金も完済には敏感で、その多くはなかなか完済させてくれません。

 

そもそもヤミ金を利用する人は銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなどでは借りることができなくなっている人がほとんどで、銀行のカードローンや消費者金融の場合、金利の上限は年間20%までと決まっていて一日あたりの金利の上限は0.08%です。ヤミ金は10日で5割、10日で3割という法外な利息や1週間~10日で返済サイクルが設定されている短期貸しが一般的で、まともに返済をしてくことは不可能であり、完済できるだけの現金を用意することができるというのも些か疑問ではありますが、それでも周囲の手を借りるなどしてヤミ金と手と切り、生活を立て直そうとする人もいます。そこで起こるのがヤミ金による完済ブロックです。

完済させてもらえない「完済ブロック」の手口

 

ヤミ金は完済させずに長く利息を支払うように仕向けてきます。これが完済ブロックです。完済ブロックをされてしまうと返済を繰り返しても元金は一向に減らず、永遠に法外な利息を支払い続けることになってしまいます。

手口その1~返済日の前日に連絡をさせるヤミ金

 

ヤミ金の中には返済日の前日に事前に連絡を入れるように指示をする業者がいます。返済日の前日や返済日の午前中にヤミ金に電話連絡をして返済するための銀行口座や返済額を教えてもらうのが目的ですが、約束の時間までに電話連絡を入れたのにヤミ金が電話に出ないことで事前連絡がなかったとイチャモンをつけ、連絡をしなかったということで利息の支払いしか受け付けてくれなくなります。

手口その2~間違った電話番号を教える

 

事前連絡のために必要な電話番号を、わざと違う番号を教えるヤミ金も存在します。また、つい最近まで繋がっていたのに急に電話番号を変えて事前連絡が取れないようにするヤミ金も存在します。事前連絡に関しては、とにかく電話に出ない、間違った電話番号を教える、電話番号を変えるなど事前連絡ができないようにするのが目的です。

手口その3~間違った振込口座を教える

 

電話番号だけではなく、間違った情報を教える手段としては振込口座もその対象です。間違った振込口座を教えることで債権者は返済日に返済をすることができません。期日までに返済をしてもらえないことで利息しか受け付けないなどのイチャモンをつけてきます。

とにかく元金を返済させないようにイチャモンをつけるのが目的

 

事前連絡の電話にヤミ金が出なかった、間違った番号を教えられていた、間違った振込口座を教えられていたなど、債権者には何の落ち度もないことから当然反論する人もいるでしょう。ですがもちろん反論しても聞き入れてもらうことはできません。利息や返済サイクルなどの約束もほとんどが口約束なので守られる保証もありません。

ヤミ金はわざと嫌がらせをして債権者にペナルティを与え、儲けの種である元金が減るのを阻止してきます。

ジャンプを勧められるケースも

 

ジャンプとは利息一部支払のことです。消費者金融などのキャッシングでは返済ができなくなった場合にその月の返済は金利だけを支払って一時的に凌ぐことができます。もちろん貸金業者の承諾がなければ簡単にジャンプをすることはできないのですが、ヤミ金では元金の返済をさせないために積極的にジャンプを勧めてきます。真っ当な貸金業者であれば嫌うジャンプもヤミ金にとっては金利で儲けを出すことができるので歓迎されるものです。

完済することができてもトラブルは続く

 

ヤミ金に無事元金を完済できたとしてもヤミ金と縁を切るのは難しいです。もともと違法な金利で返済のサイクルも早いヤミ金は順調に返済をしていくことが難しく、さらに完済ブロックをされてしまうと元金がなかなか減らないので円満に完済をすること自体難しいのですが、完済をした後も何かとトラブルは続きます。

完済したのに取り立ての電話が終わらない

 

ヤミ金に完済をしたのにその後も取り立ての電話が来るというケースは非常に多いです。ヤミ金は利息で儲けているので完済をされると困ります。事前に連絡がなかった、まだ支払いが残っているなど何かとイチャモンをつけて完済を認めず、完済後も毎日何度も電話をかけてくるヤミ金も多いです。中には完済後すぐではなく一年以上前など時間が経って嫌がらせの電話が始まったという人もいます。

更新扱いにして押し貸しに遭う

 

完済を認めてもらえたとしても起こる可能性が高いのが押し貸しです。完済後に更新という扱いにされて、無理やり口座にお金を振り込まれ望んでいない貸付をされるケースもあります。勝手に振込をされて貸し付けたことにされ利息の支払いを要求されるようになります。

 

ヤミ金の利用を考える時は経済的に追い込まれた状態であり、円満に借り入れから完済までを済ますことができないとわかりながらも冷静な判断ができなくなっています。お金を作ることを優先して手段を選ばないと様々なトラブルを引き起こすことになってしまうので、絶対に関わらないようにしましょう。

闇金の申し込みをキャンセルしたのに取り立てされた!どうすれば良い?

闇金の融資申し込みをキャンセルしたとき

キャンセル料の支払いを要求される

闇金にはホームページを開設して顧客を勧誘している業者が多く存在します。しかしこのとき、明らかに違法性のあるサイトを表示してしまっては顧客が集まる見込みがありません。そのため闇金業者のホームページは一般的な消費者金融の物と大差なく、外観に騙されて融資の申し込みを行ってしまう消費者も多いのです。

後々にホームページの管理元が怪しい業者であったと気付き、融資の申し込みをキャンセルする人も少なくないでしょう。ところが相手は闇金であるので、常識の範囲からは完全に逸脱した要求をしてきます。それがキャンセル料です。キャンセル料をいついつまでに振り込めと言った要求の電話が、申し込みの際に入力した携帯番号などにかかってきてしまいます。

キャンセル料の支払い義務はない

闇金への融資申し込みをキャンセルしてキャンセル料を要求されたとしても、その分の金銭は一切払う必要がありません。そもそも闇金の契約行為は無効となるため、キャンセル料についても発生のしようがないはずです。途中でキャンセルをした顧客を脅し、少しであっても金銭を搾取したい闇金の魂胆に他ならないでしょう。

キャンセル料の支払いをたとえ強硬的に要求されたとしても、素直に従ってしまう事によって簡単に付け込まれてしまいます。融資を受けたことがなく、キャンセル料の要求だけを受けているなら、無視をする事によって解決する場合も多いです。

キャンセル後のトラブル

トラブルへの対処法

闇金からキャンセル料の要求をされた時には、第一に素直に支払ってしまう事が無いようにしなければなりません。実際に借りてしまった人とは異なり、キャンセル料だけなら無視をしてしまっても実害に至るケースが少ないためです。

基本的に闇金とは、自分達に損失がなければそこまでしつこい取り立てはしてこないものです。キャンセル料は融資申し込みのキャンセルに基づくものであるため、実際に融資をした形跡はありません。そのためたとえキャンセル料が振り込まれなかったとしても、闇金側に金銭的なダメージはないのです。

取り立ての要求に応じてしまうと、かえって付け入る隙を与えてしまう事になります。金を払う相手だと認識されると、更なる言いがかりをつけて金銭を要求してくるかもしれません。もしもトラブルが大きくなりそうな時には速やかに法律の専門家へ相談し、被害の回避をする事が望まれます。

押し貸しの恐れ

申し込みの際に口座情報を既に入力してしまっている場合、闇金による押し貸し行為を受ける恐れがあります。勝手に口座へと金を振り込んできたうえで、利息を付けて返せと要求する行為です。

口座情報を教えてしまっている人は、闇金との繋がりを徹底して絶つための行動に出るべきです。勝手に振り込まれてしまわないよう口座解約の手続きを取るなど、トラブルに巻き込まれないように身を守らねばなりません。被害が深刻化しそうな時には法律の専門家を頼る必要も出てきます。

弁護士への相談で解決

闇金に強い弁護士に相談する

多少であっても闇金との繋がりができてしまったときには、闇金に強い弁護士への相談が欠かせません。電話番号や口座情報が知られてしまっていると、その時は何もなくとも後々になってトラブルに巻き込まれていく危険性もあります。

最近は闇金から金を借りただけでも犯罪者にさせられてしまうリスクのある時代となっています。闇金もあらゆる手を使って顧客を陥れようとするため、迂闊な行動に出てしまうと被害が大きくなる恐れも出てきます。

闇金に強い弁護士に相談すれば、キャンセル料の支払い要求についてはすぐさま解決するでしょう。押し貸しの被害を受けてしまっている人にとっても、弁護士の存在はとても心強いものになるはずです。即日解決に至るケースが多いのも闇金トラブルの特徴であるため、大きな問題になる前に無料相談だけでも行っていく事で対処できます。

闇金の押し貸し被害。対処するには弁護士へ相談。

返したくても拒否される押し貸し

高い利息を要求される

身に覚えのない入金がいつの間にか自分の口座になされていた場合、闇金と一度でもかかわりを持ったことのある人ならば押し貸しである恐れがあります。過去に闇金から金を借りて完済した人や、融資の申し込みを途中でやめた人などが主なターゲットです。

押し貸し被害に遭ってしまうと、少額の元金から発生した利息によって多くの金額を請求される事になります。振り込まれたのはほんの少額であっても、利息が法外な設定であるため高い金額を振り込むよう迫られるのが通常です。

 

返そうとしても受け付けてもらえない

押し貸しに気付いて即座に返却しようとしても、闇金がそれを拒むケースも考えられます。返したい金を受け取ってもらえないまま10日が過ぎれば、利息分を付けてさらに多くの金額を要求してくるでしょう。

しかしこの時素直に利息を支払ってしまうと、闇金は金を払う被害者に味を占めてしまいます。何かと理由を付けては元金を受け取らず、増えていく利息ばかりを搾取される事になるかもしれません。

 

やってはいけない対処法

無視するのは危険

押し貸し被害を受けたとき、闇金が勝手に振り込んできた金だからといって事態を放置してしまうのは良くありません。かかってくる取り立て電話を無視していると、闇金を怒らせて嫌がらせなどに発展する恐れも考えられます。

確かに闇金から振り込まれた金は返す必要がありません。しかし闇金を逆上させた結果、職場などにまで連絡がかかってくるケースもあります。職場に闇金から電話が入ってしまうと社会的な信用の失墜にも繋がるので、無暗に取り立て電話を放置するのは控えるべきです。

 

第三者への被害拡大

通常の手順で闇金から金を借りてしまったときと同様に、押し貸しであっても闇金の取り立て行為は非常に厳しく行われます。しつこい電話や脅迫などと手口は様々ですが、その行為が家族などの第三者へ及ぶリスクも生じます。

押し貸しのターゲットにされやすいのは過去に闇金を利用した事のある人や、融資の申し込みをしたものの途中でやめた人などです。そのため家族などの緊急連絡先が闇金に渡っている場合も多く、被害拡大の恐れがあります。無視をした事によって家族を巻き込む事にもなりかねません。そのため最も良い方法は、闇金に強い弁護士への相談です。

 

使ってしまうのはもってのほか

闇金が勝手に振り込んできたのだから自分の物であると判断し、入金された金を使ってしまう事も一番やってはいけない事です。

使ってしまえば闇金に対して取り立ての根拠を与える事となります。法的に見てもやや不利な立場に陥ってしまう恐れがあるでしょう。身に覚えのない入金があったら手を付けることなく、専門のプロに一先ず相談する事が求められます。

 

闇金と関わった人の注意点

以前に借りた人が狙われるケース

以前に闇金から金を借りて返しきった人は、闇金にとって金を振り込む客として認識されます。大人しく金を払ってくれる確率が高いためターゲットにもなりやすく、すぐには返済をさせずに利息だけを根こそぎ搾り取ろうとするものです。

ここで利息まで返そうとしてしまうと状況が長引いてしまうだけなので、かえって深刻な事態へと陥りやすくなります。そのため一度でも闇金と関わってしまった人は、後々になってもトラブルに巻き込まれるリスクを考慮して対策をしておかなければなりません。

闇金と関わった際の口座は即解約

押し貸しは闇金業者に口座情報が知られたままになっている事が発端で起こります。闇金も口座情報が不明であれば、たとえ以前の顧客であっても強引な融資を行う事は不可能です。つまり押し貸しを防ぐためには、口座を利用されなければ良いとも考えられるでしょう。

闇金と関わった際に教えた口座情報は、その後の悪用を考慮しておく必要があります。一番良いのは完済し終わった後、使用していた口座を即座に解約してしまう事です。

押し貸しをしようにも、振込先がすでになくなっていれば闇金も手の出しようがありません。二次的な被害などへの発展も同時に防止する事となるので、闇金に情報を知られている口座は解約してしまう事が賢明と言えるのです。

押し貸しへの対処法

闇金に強い弁護士へ相談

通常の闇金対応はもちろんのこと、闇金に強い弁護士は押し貸し被害に関する対処やノウハウも持っています。

押し貸し被害の場合もやはり、根本的に重要となるのは闇金との繋がりを完全に切る事です。口座を解約したり、使用していた電話番号を変えたりすれば、ひとまず押し貸しのトラブルに見舞われるリスクは軽減できるでしょう。しかしその他にも第三者の個人情報など、闇金に渡してしまった情報などもあるはずです。

無視をすれば家族に迷惑がかかる恐れがあり、かと言って自分で対処するには限界があります。闇金とのトラブルは公序良俗や不当利得の問題を含んでいるため、素人が闇金に応戦しようとしても無理があります。知識とノウハウを持った弁護士に相談する事が、押し貸し被害から脱出する一番の近道となるでしょう。

闇金の取り立てバイトがあるって本当?

闇金の取り立てに来る人は闇金業者のスタッフだろうと考えている人もいますが、本当にそうなのでしょうか。世の中には裏バイトと呼ばれる世の中にはあまり流通していない違法まがいの仕事が多数あります。その中に闇金の取り立てのバイトがあるという噂もあるのです。本当にそのようなバイトが取り立てをしているのでしょうか。

闇金の取り立てにはバイトが存在する

闇金の取り立てをする担当者はバイトということが実はよくあります。もちろん一般的な求人誌などに闇金の取り立てのバイトについての求人広告が掲載されているわけではありません。しかし、実態としては取り立てをしているのがフリーターや会社員、さらには学生といったケースもあるのです。もともとはヤクザだった人がバイトとして働いている場合もあり、どんな人が取り立てているかはケースバイケースですが、いわゆる裏バイトとしての闇金での取り立ては存在していることは認識しておくと良いでしょう。闇金に困らされている人に直接連絡をしてきているのは実は全てバイトの人ということがよくあるのです。

バイトとして働くときには電話が基本

バイトを使って闇金が取り立てを行うときにはバイトにはあまり無茶な行為をさせることはありません。基本的には指定した先にひたすら電話をかけて返済を催促させるようになっています。リストを渡されて順番に電話していき、出てきた人に応じてマニュアルに従った形で話をすれば良いという風に作られているのが一般的です。自宅や本人の携帯電話にかけるだけでなく、会社や学校にかけさせられる場合もあります。その際にも本人が出たか、同僚や上司が出たかに応じて対応の仕方が定められていて、大きな圧力を本人に与えられるように工夫されているのが特徴です。電話での取り立てだけに留められるのはバイトの身元がバレてしまうリスクを低減させるためであり、電話自体も闇金側が用意するのが通例になっています。バイトをする側としても悪徳なことをしているのは承知で仕事を請け負っているため、指示通りに仕事をしたことによって警察に捕まるというような事態に陥りたくないのは当然です。そのため、家に訪問するような強硬な仕事を任せられることはないのが原則になっています。

 

バイトを使うのは闇金が身を守るため

闇金としてはバイトを使うことによって事業内容が露呈してしまうリスクを抱えることになりますが、それでもなおバイトを利用した方が良いと考える理由があります。万が一に逆探知をされたり声を記録されたりしたときには闇金のスタッフの身元がバレてしまうリスクがあるのです。それを避けるためにはスタッフ以外に接触してもらうに越したことはありません。メールや手紙であれば人物を特定するのは困難ですが、声色を記録されてしまうとそれが証拠として通用することになってしまいます。そのため、闇金は身を守るためにバイトを使っているのです。バイトもしばしばその闇金でお金を借りている人を使用しています。これは返済の代わりに仕事をすることで給料を与えて金利分に充当するといった形の対応を取り、その代わりにもし口外したら給料はなしにするといった形で口をつぐませることができるからです。闇金としては実質的にただでバイトを酷使できるようになっています。

闇金を使ったときの裏バイトは意に介さないのが原則

闇金からの取り立ての際に裏バイトという形で取り立てやその他のバイトを紹介されることがあります。これは意に介さないのが身を守るための原則です。基本的には元金が減らないようになっていて利子が増えずに済むだけであり、いくら働いてもいつまでも取り立てられることになります。それどころか自分がバイトをしたことで他に苦しむ人を増やしてしまうことになるのです。このような悪行に手を染めてしまう前に根本的な対策を講じる必要があります。

闇金の取り立てに困ったときには

闇金の取り立てに困ったときには相手はバイトだという認識を持って、どんなことを言われてもあまり気にかけないのが大切です。また、交渉をしても何の権限も持っていないので応じてくれることはありません。お金を返さない限りは電話による取り立てはいつまでも続いてしまいます。そのため、違法行為である闇金からお金を借りてしまったときには法律に関する知識を持っていて適切に対応できる弁護士や司法書士に相談して解決を依頼するのが重要です。

闇金の取り立ての解決には専門の事務所へ

闇金の取り立てはバイトによってまかなわれているのが実態なので、闇金の本体に働きかけられる専門の事務所に相談するのが効率的な解決を達成するためには欠かせません。Duelパートナー法律事務所は弁護士に依頼したいとき、ウイズユー司法書士事務所は司法書士に問題の解決をお願いしたいときに活用できる代表的な事務所です。ただ母体となっている闇金に直接交渉をしてくれるだけでなく、バイトから来る取り立てや嫌がらせの電話も速やかに止めてくれます。本当にそんなことができるのかと疑問に思ったらまずは相談に行くのが大切です。相談だけなら無料でいつでも対応してくれるので、闇金問題を解決に導いてくれると納得した上で依頼をすれば良いでしょう。

知っておくべき!闇金が実際に行う取り立て方法

闇金が取り立てをするときによく行う方法はある程度は形式化されています。具体的に典型例としてよく知られているものから、極めてレアケースとして専門家なら知っているようなものまで一通り理解しておきましょう。闇金で借りているつもりではなかったのに実は闇金から借りていたというケースもあるので、お金を借りるときには自分の身に降り掛かってくるリスクとして覚えておくのが大切です。

最も多い催促の電話

闇金からの取り立てとして初期から最もよく行われている方法が催促の電話です。自宅の固定電話だけでなく携帯電話にも頻繁に電話をしてきて、出るとお金を返せという内容の話をされることになります。返さないと家族に危害を加える、職場に事実をバラす、SNSなどで情報発信するといった脅迫を行うケースもあり、そのプレッシャーから返済させるのが目的です。徐々に頻度も高くなっていき、時間も問わずに早朝や深夜にすら電話がかかってくるようになる場合もあります。着信拒否などをしてうまく回避する方法もありますが、電話番号をいくつも持っていて着信拒否をしたことについても指摘しながら恐喝するようなケースも少なくありません。

家族や親戚への電話による取り立て

家族や親戚への電話をして取り立てを進めるのも闇金がよく選ぶ方法です。ただ家族や親戚の自宅に連絡して、自分が返していないことを伝えて家族や親戚の立場からも返すように言って欲しいというだけの場合もあります。しかし、いつまでも返済されない状況が続くと、肩代わりに払えという脅迫まがいの電話をするようになることも少なくありません。親だけでなく兄弟姉妹や叔父叔母、祖父母にまで話が及ぶようになる場合もあり、さらには子供も標的にされることもあります。

会社や学校への電話による取り立て

闇金の取り立ての電話は会社にまで及ぶことも珍しくありません。自分に向けて電話をかけてきてお金を返せという主旨の話をしますが、同僚のいる現場で受け答えしにくく辱めを受けることになりがちです。また、執拗に会社に電話をかけてくることもよくあります。上司や同僚が電話を受けることになると業務に支障が生じるようになり、何度も自分に電話がかかってくることに対して不信感を抱くようになりがちです。迷惑がかかっているという意識も芽生えてきて、何とかして返さなければならないという危機感を抱くようになります。

出前などを呼ぶ迷惑電話によるプレッシャー

迷惑電話によってプレッシャーをかけることにより取り立てをする方法もあまり多くはないですが、ときどき見受けられます。寿司やそば、ピザなどの出前が突然やってきて自分が注文したことになっているというのが典型例です。また、救急車や消防車が駆けつけてきて何事かと思ったら自分が電話をしたことになっていたという例もあります。身に覚えがないという話をして引き取ってもらうしかありませんが、代金を払わなければならない場合もないわけではありません。自宅だけでなく会社に出前を呼ぶといった方法もあり、ただ辱めを受けるだけでなく周囲からの信用を失ってしまうことになります。

 

大量の手紙やメールによる取り立て

コストの影響もあって少なくなってきてはいるものの、大量の手紙を送りつけるという方法もあります。あるいは電報を使って返済を迫る内容を伝えることもよく行われてきました。手紙や電報に比べて費用をかけずに行いやすいため、メールを大量に送って取り立てを行う方法がむしろ多くなってきています。オンラインで申し込みができるようになっている闇金もあり、個人融資の申し出をオンラインで受けてお願いした結果、その相手が闇金だったというケースも多くなりました。その結果としてメールアドレスが知られているので私信が埋もれてしまうほどのメールを送り付けられてしまうことも増えてきています。

 

少なくなっている自宅への押しかけ

闇金が取り立てをする方法として自宅に押しかけるのは昔からよく行われていましたが、だんだんと少なくなってきています。取り立てをしている人の身元がわかってしまうリスクがあるため、直接対面するのを避ける傾向があるのです。取り立てにアルバイトを使っていることもよくあり、その立場を保証する意図もあって自宅に押しかけることは減っています。しかし、業者によっては自宅に来て執拗に返済を迫っているケースもないわけではありません。

 

困ったときには専門家に相談

このように闇金は様々な方法で取り立てをしようと画策しています。この手がだめなら別の手でという形で次々に異なる方法で取り立てをしているので、だんだんと心身共に疲れ果ててしまうでしょう。必死の思いで我慢していても利子によって返さなければならない金額が大きくなる一方になりがちです。状況が悪化してしまう前に専門家に相談するのが賢明な判断です。Duelパートナー法律事務所やウイズユー司法書士事務所のように闇金問題の解決に特化して事業を行っている事務所もあり、困ったときの相談先として優れています。事情を相談するだけなら無料で対応してくれて闇金からお金を借りている事実についても秘匿してくれるので安心です。電話やメールによる相談もできるので、まずは悩みを打ち明けて闇金問題の解決を図りましょう。